アトピー性皮膚炎治療に桃の葉関連情報


アトピー性皮膚炎治療に桃の葉について色々な情報を検証してみました。
アトピー性皮膚炎治療に桃の葉って一体何でしょうか?



アトピー性皮膚炎治療に桃の葉日本では昔からあせもの治療に桃の葉が使われてきました。桃の葉にはタンニンやマグネシウム・カリウムなどが含まれていて、あせもだけでなく皮膚病の薬としてよく使われていました。



アトピー性皮膚炎治療に桃の葉と言えば。



桃の葉を刈り取り、陰干しして乾燥して煎じ、その煎じ汁をよく冷ましてローションのように肌に塗って使用します。あせもだけでなく、肌荒れ、乾燥、アトピー性皮膚炎、日焼けにも効果があります。



昔は桃の木が珍しくなく簡単に手に入ったので、あせもになると乾燥させた桃の葉をお風呂に入れて「桃の葉風呂」にしたそうです。桃の葉が手に入るなら、汗疹予防の桃の葉ローションを家庭で作る事ができます。



あせも予防効果の高い桃の葉ローションですが、防腐剤などが入っていないので冷蔵庫で保存して5日程度で使い切りましょう。残ったら入浴剤としてお風呂に入れて使えます。



あせも予防効果で知られている桃の葉ローションは昭和24年頃に市販されるようになり、現在ではたくさんの会社が販売しています。簡単に手に入り保存も手軽なことから多くの家庭で使われ、小さな子供のいる家庭では、あせもだけでなくおむつかぶれや日焼け、虫さされの時に使ったという人も多いのではないでしょうか。



角質層全脂質の40%〜60%を占める重要成分、細胞間脂質といわれる物質の一つが不足してしまい、敏感肌になるとも考えられていますが、化粧品やスキンケア用品など肌に触れるものは弱酸性や植物性、無香料のものを選ぶなどの対処をして、肌トラブルが起きないように守ってあげることが大切となりますが、食生活や生活バランスなども見直す必要があるかもしれません。




アトピー性皮膚炎治療に桃の葉に関する情報を集めました。





アトピー性皮膚炎 名医







アトピー性皮膚炎 定義







アトピー性皮膚炎 幼児







アトピー性皮膚炎の薬







アトピー性皮膚炎 大人




おしん相談室